屋久島への道ACCESS to YAKUSHIMA

飛行機35分、高速船1時間45分~3時間、フェリー4時間

  • 飛行機 / 35分JALエアコミューター / 12,750円 / 1日5便程度
  • 高速船 / 1時間45分~3時間鹿児島商船・高速船「トッピー」or コスモライン高速船「ロケット」/ 5,000円 / 両者合わせて1日8便程度
  • フェリー / 4時間折田汽船「フェリー屋久島2」/2等 5,200円 / 1日1便

屋久島 交通のご案内ACCESS in YAKUSHIMA

屋久島は島の沿岸部を国道が取り囲み、屋久島の名所や登山口と直結しています。路線バスやレンタカー、タクシーなど日程や目的に合わせて適切に選ぶことが旅の満足度の決め手になるでしょう。

物知りヤクシカからアドバイス

  • ◇路線バス区画路線毎の運休や時間は事前にチェック
  • ◇レンタカー短時間で島中を巡りたい方におすすめ!
  • ◇タクシー登山メインで移動が少ない方におすすめ!

屋久島のここが見たい!DIGEST in YAKUSHIMA

屋久島の港

屋久島の玄関。宿泊も充実。

屋久島港の様子

屋久島の森

緑一色、神秘に満ちた原始の森

屋久島の山

屋久島のシンボル縄文杉を目指す

屋久島の海

マリンスポーツや海ガメと出会う旅

屋久島を知る 感じる キーワードYAKUSHIMA KEYWORD

KEYWORD

屋久杉

屋久島の類を見ない生態系を語る上で、欠かせない存在。通常の杉の寿命は500年と言われているが、屋久杉は1000年を越える樹齢を誇っている。通常の杉よりもゆるやかに育成し、その姿は神々しく、神秘的な森を形成する一因となっている。屋久島を包む豊かな森に点在する屋久杉は、それぞれ独特の形状をなすものも多く、屋久島を訪れる人々を魅了し続けている。

KEYWORD

モスフォレスト(苔の森)

屋久島の森は、樹木も花崗岩も、緑一色に染まる世界。その深く鮮やかな緑の正体は、木々や岩に繁殖した約600種にも及ぶ無数の苔。苔は空気中から水分と養分を摂取する植物であり、島自体が花崗岩で形成される屋久島においては、森を潤す「ダム」のような存在。年中通して降り注ぐ雨が作った渓流と合わせ、屋久島の森と訪れる人々の心に潤いを与えてくれる。

KEYWORD

「月のうち35日は雨」

高低差の高い地形が天気の変動を激しくし、平地での年間雨量が平均で本州の約2倍の4,500mm、山地では7,500mmを越え、雨の降らぬ日はない、という印象を抱かせる。言い得て妙なこの表現は、林芙美子が著書「浮雲」で雨の多い屋久島を表した言葉。この豊富な水の恵みが、深く美しい生命の森を育んだといっても過言ではない。雨に煙る深緑の森は、森本来の美しさを堪能できるシチュエーションの一つかもしれない。

KEYWORD

洋上アルプス

屋久島は九州本島最南端の鹿児島県佐多岬から南南西に約65kmの位置にある、東シナ海と太平洋に囲まれた洋上に浮かぶ島。中央に座する九州最高峰の「宮之浦岳」をはじめ、標高1,000mを越える高山が連なっている。山々の頂は、年中を通してほぼ雲に覆われ見ることはできないが、晴れるとその姿はまさに「洋上の山」と言った景観に。また、山頂部から雲海に沈む里を望む眺めは、一見の価値のある絶景。

KEYWORD

猿2万鹿2万人2万

屋久島を訪れ、まず驚くのが猿の多さ。そこここに平然と闊歩する猿の姿がある。人馴れしないため、鹿は見かける機会こそ少ないが、島民より多いと錯覚させるには十分の数の猿に出会える。現在は猿・鹿ともに3,000頭、人は1万人程度。猿は「ヤクザル」、鹿は「ヤクシカ」という屋久島固有の種で、「ニホンザル」「ニホンシカ」の亜種だとされている。オリジナルよりも色が濃く、少し小さいのが特徴。

宮之浦エリア

民宿 海星

民宿 海星

公共機関へのアクセスも良く、観光に、お食事に便利な立地です。

  • 屋久島空港より車で12分
  • 宮之浦港より車で5分

宮之浦エリア

ペンションシーフォレスト

ペンションシーフォレスト

屋久島の中心で交通の便もよく、海岸も近いので、観光に大変便利なホテルです。

  • 屋久島空港より車で10分
  • 宮之浦港より車で3分

宮之浦エリア

ホテル縄文

ホテル縄文

屋久杉の香りをお風呂の中で満喫。太古の歴史を感じながらお寛ぎいただけます。

  • 宮之浦港より徒歩15分
  • 屋久島空港より車で10分

安房エリア

やすらぎハウス パッション館

やすらぎハウス パッション館

周囲を杉に囲まれた自然がたくさんある閑静な場所に立地です。

  • 屋久島空港より車で5分
  • 宮之浦港より車で20分

宮之浦エリア

民宿 たけすぎ

民宿 たけすぎ

屋久杉の古称「岳杉」を名にもつ女性にやさしい民宿です。

  • 屋久島空港より車で15分
  • 宮之浦港より徒歩で10分

宮之浦エリア

民宿 みよし屋

民宿 みよし屋

宮之浦エリアにあるアットホームな雰囲気の小さなかわいい民宿です。

  • 屋久島空港より車で15分
  • 宮之浦港より徒歩で10分

宮之浦エリア

民宿 白谷

民宿 白谷

テラスからは広大な海が一望でき、昇る朝日を望めるシーサイドビュー。交通も便利です。

  • 屋久島空港から車で8分
  • 宮之浦港から車で5分

宮之浦エリア

民宿やくすぎ荘

民宿やくすぎ荘

大自然に出会い、温かい人に出会う。森の香り漂うしっとりと落ち着いた木造りの館です。

  • 屋久島空港より車で15分
  • 宮之浦港から車で5分

屋久島で食べるFOOD IN YAKUSHIMA島料理

屋久島は魚介類の宝庫。日本一の水揚げを誇るトビウオをはじめ、屋久島ならではの海の幸を味わえます。その中でも人気店2店をご紹介!とにかく新鮮!ぜひご賞味ください!

屋久島の三大名物、首折れサバ、トビウオの刺身、トビウオの煮つけ

大衆割烹 漁火大衆割烹 漁火

大衆割烹 漁火雑誌などにも数多く掲載されている人気店。サバはもちろん、魚のとろろ蒸し、トビウオのから揚げなどの人気メニューが目白押し。漁火定番のサバ茶漬けが絶品。少人数の予約ができないので、早めに行くのがオススメ!

  • 住所屋久島町宮之浦2478-181
  • 交通バス停高校前から徒歩5分
  • 営業17時-22時 水定休 P20台
  • 電話0997-42-1088

お食事処 潮騒お食事処 潮騒

お食事処 潮騒新鮮な島魚が中心の店で味付けも絶妙で期待を裏切りません。料理の素材は屋久島の新鮮な魚介類お造り定食や焼魚定食など。テーブル席・個室・カウンター席があり、一人から大人数まで利用できるのがウレシイお店です。

  • 住所屋久島町宮之浦305-3
  • 交通バス停高校前から徒歩5分
  • 営業11-14時/17-22時 木定休
  • 電話0997-42-2721

屋久島を歩こうWALK IN YAKUSHIMA

HOW TO 屋久島登山

美しい屋久島ですが、その森や山は深く危険な場所も多くあります。また天候も変わりやすいので事前に周到な準備が必要です。楽しく安全に旅をするために必要最低限の知識を身につけましょう。

  • 登山前には登山届を提出しましょう。
  • 登山マナーを守りましょう。
  • ※動植物の採取やペットの持ち込み禁止。
    ※自然動物へエサを与えない。
    ※トイレは登山口、山小屋で。
    ※弁当の残飯やゴミは必ず持ち帰ること。
    ※遭難防止のため、登山コースを守ること。
    ※火気は絶対厳禁。
STEP01コースの選択・計画
  • 登山口までの交通手段
  • 登山地図によるコース選択
  • 休憩場所などの確認
STEP02準備や荷物の準備
  • 登山靴
  • ザック
  • ビニール傘
  • 地図
  • 防寒具
  • 雨具
  • 飲食料
  • 時計
  • タオル
  • 懐中電灯
  • ティッシュ
STEP03服装のチェック
  • 履きなれたもの。防水機能があればなお良し
  • 長袖シャツ乾きやすい登山用が好ましい
  • 長ズボン動きやすいことが肝心
  • 帽子日差し除け・頭部保護
  • ザック15~20リットルが無難
  • ソックス履きなれたものを

屋久島お役たちリンク集UTILITIES FOR YAKUSHIMA

  • 屋久島観光協会
  • 屋久島~鹿児島間の高速船ロケット
  • 屋久島地区エコツーリズム推進協議会
  • 屋久島世界遺産センター