世界遺産の島ALPS ON SEA -ISLAND OF GRANITE-

鹿児島の南南西沖に浮かぶ屋久島。
空路では海上に浮かぶその不思議な景観に目を奪われる。
まるで海からそびえる山のような、島。
深い森に覆われた山々の連なりが青く遥かな海に浮かび、
訪れる人々を鷹揚に迎え入れる。

屋久島世界遺産登録地域地図

世界遺産登録区域は島の約20%以上!世界遺産登録区域は島の約20%におよびます。宮之浦岳を主峰とした山岳地帯を中心に、西は国割岳を経て海岸線の西部林道、南はモッチョム岳、東は愛子岳へ通じる山稜部を含みます。

屋久島を知る―①MOUNTAINS IN YAKUSHIMA屋久杉

屋久島と言えば、何といっても屋久杉。

屋久杉とは、標高500m以上に分布し、樹齢1000年を超える屋久島特有の杉。1966年に国内最大となる縄文杉が発見され、その名を轟かせた。成長が著しく遅いため、腐りにくく、江戸時代より貴重な木材としても活用された。

現在では、伐採は禁止され、推定樹齢7000年以上とも言われる「縄文杉」を代表に、樹齢2000年を超える屋久杉を見ることができる。

「縄文杉」の他にも、屋久島で二番目の太さを誇る「翁杉」、「縄文杉」の発見前までは、屋久島最大の杉とされていた「大王杉」。成長の過程で別の杉の枝同士が融合して共に成長した合体木でありその様子が夫婦のようにみえる「夫婦杉」など多くの代表的なものが見られる。

縄文杉トレッキングツアー詳細

  • 縄文杉
  • くぐり杉
  • 二代大杉
  • ウィルソン株

屋久島を知る―②MOUNTAINS IN YAKUSHIMA自然の恩恵

屋久島の山

屋久島は高山が密にそびえているが、火山島ではく花崗岩でできた島。

島はほぼ円錐形で、その中心部には1,600mを超える山が11座あり、「奥岳」と呼ばれる神のいる神聖な山とされている。その周辺部の1,000mを超える山は「前岳」と呼ばれている。九州最高峰の宮之浦岳を主峰とする山々は壮大で、特異な生態系を持つ。人と自然が共生するモデルケースとしても評価が高い島である。

  • 屋久島標高図
  • 宮之浦岳と屋久島の山々
  • 宮之浦岳と屋久島の山々
  • 宮之浦岳と屋久島の山々宮之浦岳と屋久島の山々

屋久島の森

島の中心分へ足を踏み入れると、宮崎駿監督のアニメ「もののけ姫」の舞台のモデルとなった白谷雲水峡。島内で唯一ドライブできる世界遺産登録地域である西部林道など、屋久島で触れる森の神秘的なまでの深さに、訪れる人々は魅了される。宮之浦川や安房川など美しい水脈ではカヌーなども楽しめ、自然とふれあい楽しむことができる。

  • もののけ姫の森もののけ姫の森
  • カヌーによる川くだりカヌーによる川くだり
  • 白谷雲水峡白谷雲水峡

白谷雲水峡・もののけ姫の森 詳細

屋久島の海

島の暮らしは主に海岸部で営まれ、山は自然の姿をとどめ続けている。屋久島海域では黒潮の本流が流れ、豊かな水産物に恵まれている。屋久島は山だけでなく、水資源も豊かなのである。また沿岸部では、マリンスポーツも楽しむことができ、一部の海岸はウミガメの産卵地としても有名である。屋久島は人と海とが共存する水の島とも言えるのではないだろうか。

  • 永田いなか浜永田いなか浜
  • ウミガメの産卵ウミガメの産卵
  • 島料理島料理

屋久島アクティビティ 詳細

海の幸に舌鼓 島料理 詳細

屋久島を知る―③CLIMINATE IN YAKUSHIMA雨が育む恵みの島

高低差のある円錐形の島と黒潮が運ぶ温暖湿潤な風によって、屋久島は本州の倍の降雨量(平地部、山岳部では3倍近く)を記録する地域である。

「月のうち、三十五日が雨」という言葉の示す通りの多雨地域で、平地で4,000mm山間部では10,000mmもの雨が1年に降り注ぐ。海抜0mから1936mまでの高低差のため、海岸線と山岳部では全く気候が異なる。また、森で浄化された雨水はいたるところで清流となり島を巡り、花崗岩でできた島の薄い表層を削り、滝となり海に還ってゆく。

屋久島を取り巻くすべてが関連し、循環し、自然の営みの壮大さを体感することができる。それが、屋久島という島の魅力であり、そのものなのである。

屋久島と東京の気温・降水量比較

屋久島に生息する動植物

日本に生育する植物種の屋久7割りに相当する1600種の内、約40種は屋久島だけに生息する固有種である。また、屋久島を生息の北限・南限とする植物は多く、約160種とされ、屋久島独特の地形と環境が新しい種や亜種の誕生を促してきた。それらの亜種は本土にくらべ体が小さく、大型の哺乳類は少ないといったのも、屋久島の生態系の特徴のひとつと言える。

ヤクザル・ヤクシカ・ツマベニチョウ・ヤクシマヒメネズミ・コウベモグラ・アカウミガメ